弁護士に対して相続の相談を

法律というのは、知っている人の味方になりますから、出来るだけしっかりとした人に相談したほうがよいです。



そこでお勧めできるのが弁護士であり、これが日本においての最高の法曹資格になります。


その相談事項の一つに、相続があり、これを揉めないようにしっかりと決めておくとよいです。

まず、どのくらいの財産があるのか、ということを把握するのです。



そうして、今度は相続させる割合を決めるわけですが、これには最低限の規定があります。

権利がある人には、最低限の遺留分というのがありますから、それは守っておく必要があるのです。

極めて例外的なこともありますが、基本的にはこの遺留分というのを守る義務があります。



それを守っている遺言状が有効になりますから、そこだけは理解しておいたほうがよいです。


弁護士というのは、どうしてもそれなりにお金がかかるサービスになります。



しかし、相続で揉めるようなことになるよりは遥かにマシですから、少しは費用をかけたとしてもやる価値はあります。まして、自分が死んだ後の話になりますから、とにかく手を打っておくことにはメリットがあるのです。

弁護士というのは、法曹資格としては一番よいものであり、信頼できます。
もちろん、個人次第ではありますが、それでも依頼する価値はありますから、出来るだけよい人を選び抜くとよいです。



人から紹介してもらうこともよいですし、自分で心当たりがあれば、その人に相談するのがベストです。



関連リンク

弁護士に対して相続の相談を


法律というのは、知っている人の味方になりますから、出来るだけしっかりとした人に相談したほうがよいです。そこでお勧めできるのが弁護士であり、これが日本においての最高の法曹資格になります。...

弁護士に相続の財産を相談する


弁護士に相続の財産を相談することによって、トラブルを回避できるようになります。要するにどの程度の割合で渡すのか、というのをしっかりと決めておくことです。...