弁護士に相続の財産を相談する

弁護士に相続の財産を相談することによって、トラブルを回避できるようになります。
要するにどの程度の割合で渡すのか、というのをしっかりと決めておくことです。

そうすれば、とにかく揉め易い相続関係の話を纏めることができます。



よくあるのが、取り分に関してのことです。


これは法律で遺留分、つまりは最低分は決められていますから、実は遺言書があっても、それが守られていないと絶対にそれを通せるわけではないのです。
そのあたりのことをも含めて、弁護士に相談するとよいです。

基本的には誰々にいくら残す、ということを指定できますが、最低限の分は決められているわけです。



それと遺言書の書き方についても聞いたほうがよいですし、出来れば、自分が亡き後に相続関係での集まりを開いてもらい、そこで開いてもらうために立会人になってもらうとよいです。



それなりにお金がかかってしまうことではあるのですが、それが極めてお勧めできる行為であるといえます。



そうすれば、相当な割合で相続関係のトラブルは避けられるのです。



これでもまだ揉めるようであれば、もう裁判しかないのですが、法律的に正しい書類の書き方で遺留分も確保されているのであれば、大抵は問題なく通ることになります。
弁護士に依頼するのは、そうしたトラブルの実例を聞き、避ける方法を聞くためであり、それがとてもメリットがあるのです。



費用がかかる事は仕方ないとして、それで骨肉の争いを回避できるならば、費用を投じるべきです。

関連リンク

円滑な事業承継のため相続相談を弁護士にする


中小企業の場合、後継者がいないなどの問題がよく取りざたされます。事業承継がスムーズにいくようにする目的で、事業承継目的の株式譲渡に関しては贈与税がほとんどかからない特例があったり、相続に関しても株式承継に関する相続税が実質非課税になるような制度が用意されていたりします。...

弁護士に相続の財産を相談する


弁護士に相続の財産を相談することによって、トラブルを回避できるようになります。要するにどの程度の割合で渡すのか、というのをしっかりと決めておくことです。...