円滑な事業承継のため相続相談を弁護士にする

中小企業の場合、後継者がいないなどの問題がよく取りざたされます。



事業承継がスムーズにいくようにする目的で、事業承継目的の株式譲渡に関しては贈与税がほとんどかからない特例があったり、相続に関しても株式承継に関する相続税が実質非課税になるような制度が用意されていたりします。



また、後継者がいたとしても、一人に事業を引き継がせた場合にその他の兄弟に対する不平等をどう解消するかということも大きな課題となってきます。


そういったことに頭を悩ませている場合には、弁護士に相談をするのが良いでしょう。弁護士は法律の専門家ですから、民法に規定されている遺産分割に関わる問題も、税法に規定されている相続税や贈与税に関する問題にも精通しています。

もちろん、必要に応じ税理士等と連携する場合もあるでしょうが、そういった仕事の進め方にも慣れています。


また、法律の改正に関しても常に最新情報の収集をしています。



そのため、相続や事業承継について悩んだ時は弁護士に相談するのがいいのです。



事業承継のポイントは、相続後に経営権が分散しすぎないことと、事業に関する承継から漏れた子供に対しても生命保険金などで金銭的な配慮をしておくことです。



また、大切なことは、自分の事業承継に対する考え方を関係する家族等に事前にしっかり説明しておくことです。



そうすることによって、それぞれが心の準備ができ結果的にスムーズな事業承継につながるのです。


死亡するまで誰にも言わない経営者もいますが、残された者は戸惑うことが多いです。

関連リンク

円滑な事業承継のため相続相談を弁護士にする


中小企業の場合、後継者がいないなどの問題がよく取りざたされます。事業承継がスムーズにいくようにする目的で、事業承継目的の株式譲渡に関しては贈与税がほとんどかからない特例があったり、相続に関しても株式承継に関する相続税が実質非課税になるような制度が用意されていたりします。...

弁護士に相続の財産を相談する


弁護士に相続の財産を相談することによって、トラブルを回避できるようになります。要するにどの程度の割合で渡すのか、というのをしっかりと決めておくことです。...